男性不妊の割合

妊娠しにくいカップルの原因を調べると、約半数は男性側に原因があると言われています。

 

男性のみに原因がある場合は24%、男女ともに原因がある割合も24%、女性のみに原因がある割合が41%、原因不明が11%ほどです。

 

男性不妊の主な症状は生死の数が少ない、精液中に精子が見つからない、勃起や射精に問題があるなどがあげられます。

 

男性自身は自分は大丈夫、自分には問題ないと思う人がほとんどですがいざ検査をすると男性側に問題があることも普通にあるのです。

 

妊活は男性も女性も検査し、問題を突き止めなければなかなか子供を授かることができません。夫婦で強力して子供を授かれるので、まずは男性も女性も自分は大丈夫とは過信せず、検査を受けましょう。

 

はじめに女性側の検査をしますが、原因が見つからなかった場合、旦那さんの精液検査を行います。

 

タバコを吸う、お酒を大量に飲む、ストレスを強く感じ疲労感が抜けない、性欲がほとんどない、セックスの時に勃起しない、射精しない等が当てはまると男性不妊の可能性があるため病院の検査が必要になります。

 

精子の数が少ない場合人工授精か体外受精、もしくは顕微授精が適応となりステップアップが必要となるので早い段階で検査をすると吉です。

 

女性は妊娠可能な時期があります。治療を開始したらもう子供を授かるには難しい年齢になっていることもあるので、子供が欲しいと思った時点で夫婦で検査することが理想で。