どうして卵子の質が大切なの?

P

妊娠を希望する方の中には、「卵子の質」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

 

なぜ卵子の質の重要性が叫ばれているのかというと、この卵子の質は実際に卵子と精子が出会い受精し、子宮に着床して妊娠を成立、さらに無事にお腹の中で成長をして生まれてくることが出来る強い受精卵を作るためにとても重要だからです。

 

卵子の質が悪いと、受精しても染色体異常で流産して妊娠を継続することが出来なくなってしまったり、無事生まれても先天異常を持った子どもが生まれてきてしまうこともあります。

 

妊娠率がガクッと下がるのは35歳以降です。もし自分の年齢が35歳以上の場合、卵子の質を上げるための努力をしたほうがしない時と比べて、妊娠できるかしないかを左右してくる可能性も出てきます。

 

卵子は年齢と共にどうしても老化し、質が落ちていきます。今では卵子の質の低下を危惧し、未婚でも卵子を凍結保存し、仕事が一段落終えてから若い間に凍結した卵子で妊活される方もいらっしゃいますよね。

 

ではもうすでに年齢を重ねている場合はどうすればよいでしょうか?

 

時間は巻き戻せないので若い頃と全く同じような卵子を取り戻す事は難しいですが、どなたも卵子の質を少しでも上げ、老化のスピードを遅くさせる事はできます。

 

P

そのためにはまずは身体を冷やさないこと、そして甘いものや冷たいものなどを食べ過ぎないこと、酸素とカリウム、そして葉酸などの栄養素をしっかりと取り入れる事が大切です。

 

体を冷やさないためには適度な運動も必要です。また普段シャワーだけで済ませているという場合には、しっかりと湯船につかる入浴をすることなどもおすすめです。

 

食事では抗酸化力のある食事を心がけるようにしましょう。

 

ベジママには抗酸化成分が配合され、卵子の質が低下するスピードを緩めてくれます。妊活中に飲むサプリとして心強いサプリになってくれるのは間違いがなさそうですね。